レイトン教授と不思議な町攻略

レイトン教授と不思議な町の攻略情報

難関ナゾ、クイーンの問題、土地の分配

脱出パズルのヒントと回答、全135のナゾ

週刊ナゾ通信52問、レイトン教授の全て網羅

ナゾ007 狼と小鳥

出題場所:屋敷の庭(ラモン)

3匹ずつの狼と小鳥を、すべて向こう岸に渡せ。
ただし、以下の条件がある。

・いかだに乗れるのは2匹まで。
・1匹も乗っていないと動かない。
・どちらの岸でも狼が小鳥の数より多くなると、小鳥が食べられて失敗する。

回数に制限はないが、最短は11回だ。

ヒント1

何度もいかだを動かしていると、いつのまにか、最初と同じ形になってしまう。

どこかで、元に戻す動きをしていることに気をつけよう。
そこで、別の動きをすれば正解に近づくかもしれない。

ヒント2

行きが2匹、帰りが1匹にしなければいけないわけではない。
帰りのいかだに2匹をのせてもいいのである。

最初に狼を3匹とも渡してみよう。
そこから小鳥と入れ替えていけばよいのだが。

ヒント3

2番目のヒントを思い出そう。
最初に狼を3匹とも対岸に渡してしまう。
今度は、狼と小鳥を交換していく。
対岸で小鳥のほうが少なくなるときには、狼と小鳥を一緒に戻せばうまくいくはずだ。

「狼と小鳥」の回答

  • 1手目

    ナゾ007 初期状態
  • 2手目

    ナゾ007 2手目
  • 3手目

    ナゾ007 3手目
  • 4手目

    ナゾ007 4手目
  • 5手目

    ナゾ007 5手目
  • 6手目

    ナゾ007 6手目
  • 7手目

    ナゾ007 7手目
  • 8手目

    ナゾ007 8手目
  • 9手目

    ナゾ007 9手目
  • 10手目

    ナゾ007 10手目
  • 11手目

    ナゾ007 11手目

スポンサーリンク

PAGE TOP